高ソメキャンプ場
夏休み、信濃路縦断キャンプラリー第1弾

〜MAKOPON&HITOPON初遭遇、そしてまさかのときパパ乱入
はじめに
8月というのに梅雨が明けないまま夏休みに突入。
夏は関東から抜けるのが恒例となり、昨年の東北みちのく遠征キャンプに続き、今年の計画は「信濃路縦断キャンプラリー」。南部から中部、北部と3箇所のキャンプ場を転々と縦に長い長野(だから長野か?)の違った表情を一辺に楽しんでしまおうという贅沢なものです。
そしてこの計画に華を添えてくれるのが、ネット友だちのMAKOPON&HITOPONとの初遭遇。昨年もイワイワさんに会えたように関東から出たときこそ普段は会うことが適わない友人に会いたい、そんな気持ちで昨年にネット上の会話やメールでのやり取りを交わした結果、お互いの中間地点とも言える信州奈川村の高ソメキャンプ場で会うことが決定。半年の長い計画(それがこちらも知らぬ違った計画であったとは・・・)の末、とうとうその日が・・・。
1日目 2003/08/02
常に混雑の中央道を抜けるために、午前4時起床。しかし順調に行くかと思いきや、八王子付近でもう20キロの渋滞(驚)。
それに曇り空・・。不安だなぁ。。。
なんとかかんとか、6時間を要して松本ICに到着。
その前に一度高速SAでMAKOPONからケイタイにTELがあり「今どこ?(←実はうちらがどのくらいでキャンプ場に着くのかの詮索であった!)うちらは今から高速に乗るとこだよ〜(←ウソばっかし!もうキャンプ場に着いていたのだ)チェックインが2時だからうちらもギリギリで行くからのんびりしてや〜。」(←これも時間稼ぎの作戦だった)(爆爆)

てな訳でまんまとその誘いに乗り(爆)、道の駅、奈川ダム(右)テプコ館でゆっくり遊んでおりました。
そんなこととはつゆ知らずなので、少しでも早く到着したい気持ちを抑えられず、、やや予定より早くキャンプ場に到着。入場して管理棟までの道のりを「サイトはどの辺がいいかなぁ」とゆっくり車を走らせていると・・正面に怪しい人影が白樺の向こうに!・・??どこかで見た人が??(;゜〇゜)

ときパパ「パシッ!」
小僧1号「イエェーイ!」
こちら首謀者のMAKOPON。
「ダメだよ〜、早く来すぎちゃ〜〜。ちゃんと設営終えて迎えるはずだったんだから〜。」
スマン、スマン(^_^;)
早く入ってくれたMAKOPONたちがとってもいいサイトを用意してくれていました。
本当にありがとう!
そしてそのサイコーのロケーションに初張りしたエア・グランド・ワイド。
とても建てやすく、広々として快適。
すぐ上の9番、10番にはMAKOPON家とときパパ家の合同サイト。
手前にはMAKOPONのためにハンモックを設置しておきました(爆)
はにかみやのまきもHITOPONにはすぐ慣れて、「ねぇシール交換しよう〜」とマイブームを押し付けていました(笑)。
しかしこのあと最後までまきはMAKOPONとHITOPONの区別がつかず・・・( ;^^)ヘ..
ゆうは念願のルアーをとっても親切にときパパの指導でさせてもらいました。
しっかり釣れてサイコーに楽しかったようです。
この湖畔の釣り場はちょうど私達のサイトの真下という絶好の場所。

反対から見た風景はこんな感じで透明度の高い湖と白樺林がまさにリゾート。
夕方には近隣の温泉「リフレイン奈川」へ。
ここでときパパの「水風呂一気入浴」の秘技を拝見!
いかな気温でもTシャツ1枚でいられるときパパの秘密はどうもこれにあるらしい!?

入浴後はやっぱりこれですな!

  

 きゃん・レポTOP |  | Sam-Home Sam-campへ |