Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2011
キャンプレポートの一覧へ>>
■風評被害はまだ続く。がんばれ茨城のキャンプ場!■
あぶくまキャンプランドでもソーシャルキャンプを終えて、ちょっと燃え尽き症候群もありましたが(笑)、、その鎮火にまたキャンプに行こうと考えるのがこれまたヘンなクセです。どこかソロキャンプへ行ってみようかな、福島はもちろん茨城の風評被害だって大きなもの、たった一人でキャンプをしてどうこうなるものではないと分かっていても、行かなきゃ何も分からない、まずは行ってみようかと考えていたところ、いっち〜ちゅうさんがご一緒してくれると言うことになって、男3人、爽やかさまるでなし(爆)ながら場所探しを開始しました。もちろんまずは何よりキャンプを楽しみたいわけで、それならまだ未開だった鉾田市(旧大洋村の)「大洋カントリーオートキャンプ場」を提案。こちらのキャンプ場、ビックリするくらい情報がありません。わずかにネット上にある写真では全面フラットな芝生で、どうもこじんまりとしている・・分かるのはそのくらい。早速現地に電話を入れると”年中無休だけど、予約が入ったら営業”という実に珍しいオーダーキャンプ場(爆)で、12月の1週目に”オーダー”入れさせていただきました。いっち〜は千葉の私の自宅乗り換え経由で現地、ちゅうさんは直接という2班・・3人ですが(笑)。ただこの時期の季節の変化による強い低気圧で荒れ模様との直前予報。ちょっと心配ながら出発・・。
●2011/12/3
まずはいっち〜が来てくれ、荷物を積み込み出発。
とにかく雨が本気降り。
現地が荒天なら中止の選択もありですな。
東関道も、鹿島も、鉾田に入っても状況変わらず。
今回も地元の野菜を仕入れて、それで食事を作りましょう!
事前いっち〜が調べてくれた「鉾田市特産品直売所・さんて旬菜館」です。

オノさん・・・(笑)
やはり今年のトレンドは「草」(笑)

冬の特産品「ちぢみほうれん草」で何か一品作ってみましょう!
51号線を上り、「台濁沢」という信号を左折。

するとこの看板。ここで左の道に入ります。ここからがわかりにくいのですが、とにかく道なり直進。
そして、目印はこの鉄塔です。
正確にはKDDIの電波塔(笑)

ナビに大洋カントリーが出ない方は、この場所を覚えておいてください。
そしてその脇道が左にありますので、ここに入ります。看板がありませんので注意!!

こんな畦道?と疑問を持たず(笑)、直進します。あと100m。
突き当りがキャンプ場。

管理棟では可愛らしい(笑)奥様が受け付けてくれます。
場内を見渡すと・・・小さい・・(爆)

端から端まで30秒(笑)
全て芝生の区画サイトで、約30サイト。

最初はこの小ささに驚きましたが・・・のちに・・・・
雨は先ほどまでの大粒は脱しましたが、風がかなり出てきました。
炊事棟で作戦会議。

こうなったらいつでも出動可能なようにレインスーツに変身。上下黄色でまるで学童か交通監視員(笑)
作戦会議というなのコーヒーブレイク(笑)
作戦会議というなの昼食(笑)
あ、箸が少々太いですけど何か問題でも??(爆)

この箸、食べれます(笑)
あ、止んだかも。
それにしても水はけがすごくいいサイトです。街中の各所で浸水していたくらいなのに水浮きも見当たらないほど。よほど砂入れがしてあるのでしょう。立派です。

無口な作戦会議(爆)
ちゅうさん到着。
雨は完全にあがりました。
ラッキー!

まずは作戦会議(爆)
しかも薄日まで。風も南風に逆転し、これは気温も上がりそうです。
作戦ネタも尽きたので(笑)、設営に入りましょう。
本部はちゅうさんのリビシェルS。
「今日はどちらに張られてもいいですよ」のお言葉に甘えて・・・この一列、私がいただきました(爆)

今日、雨に打たれてフライシートの皺伸ばすつもりだったんだけどなぁ・・・雨、あがっちゃった・・・残念(爆)
いっち〜はハバハバで幅とって設営(笑)
本日貸しきりとなり、ソロ3人で、チョー贅沢な間取り。
管理人さん、ご好意ありがとうございます。
さて、ちょっとツマミなど作っちゃおうかな。先ほどのさんて旬菜館で購入した、ちぢみほうれん草、赤大根、トマト、にんじん、ネギ、たまねぎ、赤ピーマン。

キャンプは、こうやって地元野菜を即食べれるという特権もありますね。
ちぢみほうれん草は甘みに優れているので・・・

ネギ、赤ピーマン、にんじんと一緒にサラダにしました。ドレッシングは即興でつくりました。
では、本格的な作戦会議といきましょう(笑)
まずはいつも通り業務用の乾杯から!
いっち〜が「薬屋」で買ってきた不思議なスナック「チョ ウンマッ」。

なんと、唐辛子を乾燥させたスナック。でもそんなには辛く無く美味しかったですよ。
Jump to>> [1] [2] [3] [4]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |