Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2006
プエブロ河口湖
キャンプレポートの一覧へ>>
■どんぐり村村長、関東までの出張行幸キャンプ■
今年の始めにどんぐり村村長のkencanから一通のメールが。「関東に巡回視察に行くので、ちゃんと出迎えるように・・!?」。要するに一緒にキャンプをしようとの誘いです(笑)。もちろん村民である私がその命に逆らえる訳がなく(爆)、海の日の3連休に的を絞って村民集会場所を探し始めました。当初神奈川や静岡も候補に上がりましたが、村長と協議うえ決まったのが、関西の村長も場所の明るい山梨は河口湖。そしていくつかあるキャンプ場から最後に残ったのがプエブロ河口湖です。
海の日は毎年のことながら梅雨明けの微妙なラインで、今年も天気予報では思いっきり傘マーク。自称晴れ男のkenchanと、曇り大王の私の組み合わせは果たして梅雨空をふっとばすことができるのか??
●2006/07/15
3連休の中央道を甘く見てしまった!
朝6時に出発しましたが、もうすでに35kmの大渋滞。結局予定外の4時間半で河口湖IC付近にたどり着きました。
富士山はご覧の通り雲の中。
まずは買い物。
ここはICからすぐで、キャンプ場からも10分と便利な「Bell」です。
ここでkenchanに電話すると今チェックイン中とのこと。
そして我が家も遅れること30分、プエブロ河口湖に到着。
この立派でカッコイイ建物が管理棟です。
すでにサイトで設営開始しているkenchan&あっち。
リビングをA-3サイトにして、A-4をテントサイトというレイアウト。
それにしても暑すぎるくらいのピーカン。
梅雨はどこに行ったの??(笑)
ジャジャーン。
それもそのはず村長が持って来てくれたのがこれだ!!

どんぐり村のニューアイテム。
この大明神ステッカーがあればもうキャンプの雨は心配ない?
ステッカーちょうだいするだけでなく、こんなお土産まで!
コテコテの関西流なのが村長の洒落。

そしてもうひとつこんなお土産も。
分かります?コレ。
「木こりのローソク」というもので、村長お気に入りのD's woodで作られたものだそうです。
村長、至れり尽くせりですみません!
さて、ちょっと場内を巡ってみましょう
管理棟から河口湖を背にして坂を3分ほど登っていくと・・・
このキャンプ場のメインといっていいパオがあります。こちらは杉林の中ですごくネイチャーな感じがするところです。
一方テントサイトのほうがむしろ人工的です。
こちらはテントサイトのすぐそばにあるドッグラン。
この日も多くのワンちゃんたちがキャンプをしに来ていました。
その反対側にあるのが遊具。

すぐ向こうが幹線道路というロケーションがややおしいかな・・。
河口湖では水上スキーや釣りで賑わっていました。
暑いときはタープの下でダラダラするのが一番。
午後は何も特別な予定を入れてなかったので冷たい飲み物でただただおしゃべり。
Jump to>> [1] [2] [3] [4]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |