Sam-Home Sam-Campの

2002/7/26〜28

はじめに
ガルヴィの「キャンプで夏祭り」の申し込みがちょうど一ヶ月前で、電話をかけまくったにもかかわらず、満員。でもすでにこの日にキャンプをすると決めていたので、引っ込みがつかずそれだったら隣でキャンプをしてしまえと会場の猪の頭キャンプ場のま隣、ペンギン村オートキャンプ場を予約。そして以前からキャン会い参加をしてみたいと言っていた"ノアでキャンプ"さんに話をもちかけたところ、OKとのこと。ただノアさんは直前にちょっと体調を崩されてしまったとのことで今回は見送られました。残念!
しかしながら私と同じことを考えている人もやはりいるようで、ペンギン村にはキャン会いはずれ組みがたくさん逗留。まさに「勝手に夏祭り」状態でした。
もともとイヴェントとは関係はなくペンギン村ACか猪の頭ACには訪問するつもりだったので、今回のキャンプは一石二鳥と言ったところです。


1日目
朝6時半に出発、途中東名での事故渋滞があったので到着が11時。ちょっと早かったけど事前に携帯で確かめたところ入場はOKでした。
管理棟でチェックイン。前の歯抜け小僧はともかく(爆)後ろにいる管理人さん(奥さん)はへそだしのセクシー系管理人というめずらしい分野の方でした(爆)
指定されたサイトは林間側のかなり静かな場所。私の好みです。それもとなりのキャンプ場が丸見えの場所。これは配慮なのか??(笑)
区画は6×10とやや狭め。駐車スペースを除けば6×6くらいでしょう。レイアウトに工夫が要ります。(朝霧高原のキャンプ場はどこもサイトが狭め)
ちなみにサイトナンバーを
マウスオーバーで見てください(爆爆)
ということで、タープの半面をテントに被せるように工夫して配置。もう半面のスペースの片側をオプションポールで持ち上げ開放感張り上がりのきれいさを保ちました。
設営後は早速昼食。
夏なのでそうめん。白いそうめんには黒い器が似合うので、ダッチパンを器代わりに。
レッドオニオンの薬味、ロックアイス、その辺で拾った(笑)葉っぱでお化粧。
ちなみにつけ汁はそうめんつゆに豆板醤を混ぜたもの(
マウスオーバーしてみてください)で食べました。これは食が進みますよ。
午後は水遊びに没頭ということで大洞川へGO。
ここは途中の一段低いサイト。こちらは広場サイトになっており、サイトの仕切りに樹木がありますが、ほぼオープンエアー。富士山や長者ヶ岳の眺め重視ならこちらがお勧め。

  

 きゃん・レポTOP |  | Sam-Home Sam-campへ |