Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2014
乙女森林公園第2キャンプ場 取材訪問編
キャンプレポートの一覧へ>>
■公営から民営にスイッチし、さらに快適に■
御殿場といえば、富士山のお膝元。
また芝生に恵まれた土地でもあり、それを活かしたキャンプ場も多く点在します。そしてなんといっても富士山を眺めながらのキャンプ。東京近郊のキャンパーの方なら訪れることも多いでしょう。しかしその中にあって唯一東名を挟んで箱根側にあるのが「乙女森林公園キャンプ場」。
ここには第1キャンプ場、第2キャンプ場があり、第1は森の中のキャンプ場で主にオートキャンプではない昔ながらのキャンプ場。そして後に出来上がった第2はその反対の高規格オートサイトと充実コテージを備えるという二面性を持つキャンプ場です。
そしてこの第2はなんといっても富士山のパノラマが変えがたいロケーション。東名より富士山側のキャンプ場はもちろん眺めがいいものの低い位置からの眺め。
これが高い位置からの眺めとなればまた別物。
この日は書籍作りの再取材の旅、BOSCOに続いての第2弾。それでは取材訪問してみましょう。
乙女森林公園キャンプ場公式HP >>
●2014/04/20
御殿場インターから箱根道路に入り、すこーし山なりを上がって、そう15分もすれば到着ですね。
なので本当に近いです。第1も近いし、温泉も近いし。
ご覧のとおり実にこじんまりとした施設群。

が、そのパフォーマンスは小ささとは裏腹に・・・
まずは管理棟へ園長さんをご訪問。
こちらで面白い話をたくさん聞かせていただきました。

公営から、委託管理になり、いわば会社組織として再出発、そうなると今までどおりではなく「サービス業」として何をしていくかをより考え・・・

施設という以上に運営が変わったことで、全く別のキャンプ場になったと言ってもいいくらいです。
そして、このことがやはり大きかったわけで。
こういう具合なんです、全体は。
管理棟からすぐ上はオートキャンプサイト。

ちょっとこちらは後回しにしまして・・
まずは第2の顔でもある「コテージ群へ」
一番手前のA-9。

ここは・・・
以前利用させていただいたコテージです。
前々日に大雪で行けないかと思いましたが、スタッフさんのおかげもあり通路がクルマで上がれる状態になり訪問させていただきました。
本来コテージで2家族だったのに・・急遽おもしろいから、オトコだけ雪中にしよう!とキャンプサイトをお借りしたりして。
晴れていればこの景色!

なんといっても他との大きな差はこの御殿場市街が見えるロケーションだということ。
また斜面から見ているのでどのキャンプ場よりも裾野への広がりを眺めることができるのも特徴です。
夕暮れがまた美しく。
そしてマジックアワー。

この富士山と街の夜景、貴重ですね。
おもしろかったなー、この日のキャンプ。
朝は朝でまたいいものです。
では、なつかしのコテージの中へ。
Jump to>> [1] [2] [3]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |