Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2008
大洗キャンプ場
キャンプレポートの一覧へ>>
■文化の日直前、文化の香りある場所でチバラギ5家族20人キャンプ!■
うりうりさんの奥さんから「大勢のキャンプもしてみたい」、そんな話を夏頃にいただき、どういうキャンプがいいかなぁと3ヶ月練ったキャンプが「チバラギファミリー」・・(笑)・・千葉と茨城在住のファミリーの合同キャンプです。このキャンプに参加してくれるのは山ねずみさん子トラさんBUMPYさん、うりうりさん、我が家の5家族、総勢20人。そこで場所決めに迷ったのが千葉、茨城のどちらでか・・そこで今回参加してもらえる山ねずみさんに相談し、最終的に手配いただけたのがまさに地元の「大洗キャンプ場」。4年前代々木のオートキャンプショーのブースでこのキャンプ場のことを知っていて一度訪問したいと思っていました。ただオートキャンプ場ではないということもあって避けていましたが、山ねずみさんの実地見聞(笑)により、オートフリー、つまり駐車場がサイト回りにあるということが分かり安心。これなら合同キャンプでも問題なしです。さらには地元の利ということもあってキャンプ場以外食材の手配なども山ねずみさんがしていただき、さながら山ねずみガイドの大洗ツアーとなりそうです!
*今回はデジイチを持参しなかったので通常コマはNikon Coolpix、ちょっと大きめのキャプション無しの画像は少し前のデジカメLUMIX FX8を使い分けてみました。
●2008/11/01
自宅を出たのが7時。ちょっと予定より遅めでしたが朝食をかねて酒々井SAで休息。

お腹がすいてしまったとはいえ食べすぎですかね・・(笑)
東関道終点潮来ICから国道51号を北上します。ここはその基点潮来の水郷。なかなかの亀ポイントなのでいつか・・

ちょっと51号は長いですが混んでいなくて快適。海沿いで茨城の北上するとあのカシマスタジアムを通り抜けます。
大洗町で降り、大洗神社を過ぎると大きな森がありそこが大洗キャンプ場の入り口です。

正門から伸びるアプローチを見ると、これキャンプ場?と思っちゃいます。
でも木々が美しいですねー。
今回山ねずみさん奨めでサイトは真ん中の広い場所、W地区にすることにしました。このようにサイト脇に駐車場があるのでほぼオートサイトといえるでしょう。

ロケーション的には全体にこのようなアンジュレーションがありますが、松林が大変美しく場所を選べば会的なサイトを作れると思います。
われわれの到着のすぐに山ねずみさんたちも到着。いきなり互いに子亀というのも・・・(笑)

談笑しているうちにBUMPYさんたちも到着。なんか運転が滑らかな感じがせず・・(笑)
うりうりさんたちも到着。子供立ちも出迎え。

すっかり慣れている子供たちは勝手に行動してますね。
特に女の子たちはテーブルといすだけ出してなにやら会議中。

さて、大人は共同スペース作り。夜用のスクリーンを山ねずみさんに出してもらい、昼用のオープンスペースはこれまた山ねずみさんのフィールドレクタと私のカエデマークのヘキサを連結。なんとこだわりとまとまりのない連結でしょう(爆)
今回はあまりやることなくやけにゆっくりしてますね(笑)

子トラさんも到着。これで全員集合。
当初はもっと連結を長くしようとかいろいろ考えもありましたが、そんなことで時間を食うのが面倒なので(笑)とりあえずさっさとテーブル並べてゆったりしましょう。

おっと、この方はテンションに納得がいかないようですな(笑)
管理人さんの許可の下、先に設営を済ましてしまいましたが、全家族そろったので受付しましょう。我々のサイトの道向こうにあるこちらが管理棟です。交番でも郵便局でもないですよ(爆)

当日受付もOKだし、割とリーズナブルですがあまり情報がないのが残念。
すぐ隣がシャワー棟になっています。

その向かいがトイレ。
設備は多少歴史ありますが清潔感は十分です。
ちょっと場内を紹介しましょう。こちらは管理棟のすぐ裏手にあるキャビン群。全てBOSSキャビンなのできっと使いやすいと思います。

こちらがその手前にあるE区画。ここはフラットな場所が多いので、単独ファミリーには推奨できる場所です。
なんといってもこのキャンプ場が普通と違うのは、財団法人「常陽明治記念会」が運営していて、キャンプ場とこの博物館「幕末と明治の博物館」が同居しているということ。私たちのいるW区画のすぐ隣です。なぜか違和感がないというか、こういう建物があっても気になりません。おそらく松林がたっぷりあるおかげだからでしょう。

忘れていましたがこちらが炊事棟。我々のサイトのすぐ隣になります。
受付から渡されたのが「駐車証」とこのパネル。これには表面に名前が書いてあるので出かける時とかに駐車スペースを確保できます。これなら安心。ただ今の時代、名前をさらすのはどうかなぁ・・・

子トラさんはちょっと指を怪我をされているのでみんなで設営。こういうところがグループキャンプのいいところですね。
天気も陽気もいいし、松林も美しいし、あとはただのんびりするのみ!

大人ものんびり。

山ねずみさん、一升瓶直飲みですか!!(爆)
私はアルバーゴ、BUMPYさんはエキスパートドーム。

今日はコールマン組が多いなぁ。
なんとなくおしゃべりをしている傍らで始まった子トラさんのルービックキューブ。
これがおそろしい速さで動き、みなそちらに注目!

そして全面完成で女性陣の目がキラキラ!
やはり知能指数が高いとモテる(爆)
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |