Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2005
キャンプレポートの一覧へ>>
■足掛け5年でやっと訪問実現。文字通り長く待った甲斐あり!■
オートキャンプ長又に行こう!そう思ったのは今からもう7年も前のこと。すぐお隣のとやの沢に訪問した際にすごく気になっていて、機会あれば次回はここだと決めていました。その翌年はマキが生まれたばかりでとりあえずその機会はありませんでしたが、2000年は準備万端夏休みに予約。ところがどっこい当日台風。管理人さんからも「またにしましょう。」と泣く泣くキャンセル。リベンジとばかりにさらに2001年夏に予約を入れ、当日を待ちわびていたら今度はマキが水疱瘡で取り止め。2002年こうなったら意地?と、春から予約を入れたら、今度は急遽出張が重なりまたもやダメ。2003年は頭を冷やすためにいったんブランクで(笑)、2004年はそのとき出向していた会社の夏休みがローテンションだったこともあり安心して夏の終わりに予約。ところが7月突然の人事異動で出向から復職し、戻った本社の規定でお盆前にしか休みが取れなくなりまたまた計画失敗。いったいここまで縁がないのはどうしてだ!?まさか名前が長又だから「長く又せる」ということなのか!?(爆)
そして迎えた2005年。入念に綿密な?計画を年初から立て、約束にはもっぱら信頼のあるTうっちゃんファミリーを誘い、家族の健康にも留意し、仕事もパーフェクトにこなし(笑)、台風も予定通り過ぎ去り(爆)、もう障害は無い!7月に訪問しているさきぼうさんからの情報提供のバックアップもあって無事当日を迎えることが出来ました。
予定が狂ったといえば、一緒に参加のはずのひげおっちゃん家族がデイキャンに変更になったことだけ。でもこれは想定範囲内(爆)
●2005/08/27
過去道志には中央道〜道志みち、もしくは都留経由のしんどい山道ばかりで、結構家族がそれを嫌がったこともあって今回は東名御殿場〜籠坂峠経由で来てみました。
全然こっちのがラク!何でもっと早く気づかなかったんだろうなぁ〜。
朝8時には山中湖へ到着。
一応キャンプ場に電話をしてみると、「空いてるからもう来て大丈夫だよ〜」
ということで山中湖から10分で到着。
「岩風呂」と出ているここが入り口になります。
橋を渡ると本サイトから独立した滝下のサイト、通称「マイナスイオンサイト」があり、もしグループだったらここ貸切がいいかも。
炊事棟もトイレもあります。
場内に入るとオーナーが重機で小川を整備中。遊びやすくするのと、ますのつかみ取りの場所再整備していたようです。ここでご挨拶すると「受け付けあとでいいから、設営しちゃって」とのお言葉。助かります。

ちなみに今回は先に行かれていたさきぼうさんからこんな割引券をプレゼントしてもらちゃいました。深謝!!
サイトはさきぼうさんのアドバイスを受けて3番と4番。
こちらが3番で縦長で場内屈指の広さです。(4×15mくらい)

こちらが4番。ここだけだとちょっとテント、タープはきついかな・・。(駐車場別で5×6mくらい)
設営終了。杉木立が高くここだって充分マイナスイオンと呼んでいいくらいです。

手前から見てもまだもう一張りいける余裕。(オーナーの話しではここはもともと二家族用に設けられているとのこと)
管理棟に改めてご挨拶と受付に行きました。ご覧のとおりここがウルトラマンコスモスのロケ地になったのは有名な話しです。ちなみにウルトラマンが横たわったとされる6、7番は「ウルトラマンサイト」といい人気です(笑)

ロケのときの写真を見せてもらいました。これは舞の海だ!
お茶菓子を出してもらったり、受け付けとかいいながらすっかりまったりしてしまいました(爆)

ここで話題になったのがさきぼうさんたち。すると机の引出しからさきぼうさんのレポのハードコピーが登場(爆)
10時にTうっちゃん到着。「都留経由できたけどあの道はきついっすねー」
やっぱりね・・。

おお、オレンジ村のときより明らかに巨大化した(爆)カイ君。
当然自家用車が登場。
T家は4番の方に設営中。
それにして木立が美しい。

なんとエアマットをこんな秘密兵器で!!
これは自動車のタイヤへのエア注入機。圧のメーターまでついてる(笑)
さすがメカマニア。
子供達は早速川遊び。

道志の源流部といってもいいので極めて水がきれいです。流れも特には速くなく、くるぶしい程度ですから安心して遊ばせられます。
ここがマスの掴み取りになる場所。

すでにマスは隣でスタンバイ。
今のところ晴れていますが、山に厚く雲がかかりこの後は薄曇り状態。これはもう道志特有の天気といっていいでしょう。
いいときに水遊びを出来ました。
管理棟の前方にあったスモークハウス。
マスのスモークなんかもやってくれるそうです。
これ欲しいなぁ〜(笑)
Jump to>> [1] [2] [3] [4]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |