Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2006
キャンプレポートの一覧へ>>
■久々の父子キャンプ、それも父子のペアキャンプ!■
今年の始め頃「今年は久しぶりに父子でキャンプに行こうよ」と息子に誘ってみると、「うん、いいよ」と軽い返事が帰って来て、すっかりそれに調子に乗った私としては2月に2人用テントを買う悪乗りを発揮(笑)。でも、本当のことを言えば小学校最後の年、もしかしてこれ以降父子キャンプの機会が無いかもしれない、そんな思いから息子を誘ったのは本心のところです。その父子キャンプ実行のことをグリーンビュー丸山で実行することをBLOGに書いたところ、ある方からメールが一通。「よかったらその父子キャンプに混ぜてくれませんか?こちらも父子ですので・・」と訊ねてくれたのは、メープル那須高原CGの絡みで知り合いになったトモジさんからでした。せっかくのご希望だし、父子のペアーと言うのも初めてだと言うことで、すっかり意気投合して6月の第1週と日時を決めてキャンプをすることとなりました。
当日は関東の梅雨入りギリギリ直前。雨は免れそうですが、心配なのはやはり雲って景観に影響するかどうか・・・。
●2006/06/03
朝6時に出発するも関越で事故渋滞に巻き込まれ約1時間半のロス。
三芳SAで休憩を取り、花園IC到着は9時。
花園インターから140号線バイパス(有料道路)を抜けるとたったの20分で秩父に到着!この道は便利。
ここ道の駅「ちちぶ」で今晩の食材を買出しです。
今晩は「鍋」なので、野菜はやはり地元もので揃えたいですからね。

ついでに明日の朝のパンも調達。
「ん〜ん、どれにしようかな」
買い物が終わり丸山に向います。
芦ヶ久保あたりからの秩父連山の眺めです。
かなり雲がかかってますねー。
芦ヶ久保から山道に入りますが、かなりの勾配を登っていきます。途中道が分かりづらいので「野外活動センター」の道しるべが頼りになりますよ。
中腹ぐらいにやっとキャンプ場の案内板。
そしてかなりくねった山道を登り終えるとこの看板が迎えてくれます。
こちらが管理棟。
すると「もうお連れさんが来てらっしゃいますよ」と管理人さん。
ちょうど15分前くらいに到着されていたトモジさん親子。
「どうも、ご苦労様で〜す」

ここでは基本的にサイトは早い者勝ちになりますが、この場所は予約段階で希望しておきました。
サイト番号で10番と11番。
面白いのはこの人工芝。
ちょうどテントの位置くらいに張られていました。
これのおかげでかなり寝心地がよかったです。
こちらはお隣の9番サイト。
この1画が最も景観がいいところになります。

ご覧の通り秩父街並みが一望できます。
今日初下ろしのタープ、ウェザーマスター。
このタープが雨の呼び水にならなければいいのですが・・(笑)
父子キャンプなので子供たちは積極的に設営を手伝ってくれます。
うん、なかなかいい張りあがり!
投影面積もそれなりに大きくて便利そうです。
今回は少人数の特性を生かしてすべてロースタイル。
お互い父子キャンプの独立性を尊重して、合同サイトにはわざとしませんでした。

このサイトの向こう側に展開するのはこの景観図のとおりで、晴れてれば全部見えるんですがねぇ・・残念。
Jump to>> [1] [2] [3] [4]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |