Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2005
キャンプレポートの一覧へ>>
■ギャルズパワー全開!赤ちゃんキャンプ■
この企画がスタートしたのは昨年のオフシーズンのことだから、随分とリードタイムが長かった。
おめでたくもベイビーが誕生したご家族がしばらくお泊まりが出来なかったので、そんな家族同士が集まって賑やかにやりましょう、と言ったノリで企画されたのだけど、当然我が家には赤ちゃんがいない。これから作るか真剣に悩んだが(爆)、「そんな条件なしで気軽に参加歓迎です!」のさきぼうさんの有り難いお言葉もあって参加表明。メンバーは幹事さきぼうさん、B.FACEさんのリアル赤ちゃん組、TAKERUさんひらたけさん、そしてわが家の元赤ちゃん組の5家族で、半年にわたり場所、日程、行動プランをとある掲示板で熱く協議し、なんとそのスレッドの数1700!!
候補地は早々とかずさオートキャンプ場に決まったものの、日程が二転三転し、最終的に所用でひらたけさんが参加出来なくなってしまったのは残念無念。
また直前でよかったはずの天気予報が急転するなど波乱含み。初対面に皆期待と不安でいざかすさへ!
●2005/06/04
今回は私の提案をみなさん受け入れてくれて夜は「カレーパーティー」となりました。
そこで我が家は「欧風カレー」を出品予定ですが、あまりにも時間がかかるので早朝から自宅で仕込むことにしました。
この後シャトルシェフに移し車に乗せます。
久留里まではいつも下道。大体2時間くらい。かずさオートキャンプ場は街中からものすごく近く、場所が分かりやすいのが特徴。
初めて行かれる方は「イレブン」の看板を目印にするといいです。
(ちなみにこことイレブンは系列キャンプ場)
なんとTAKURUさんと入場がピッタリ同じ。管理棟前で再会の挨拶、そしてチェックインを済ませ、早速サイトへ。
すでにインしていたさきぼうさん。
素敵な笑顔でお出迎え。
曇りのち雨、それも一時的に嵐、最悪雹も降るという予想にビビってましたが、ご覧の通り天気がいきなり回復。
自称「晴れ男」のTAKERUさんは「だから言ったでしょ」
うーーん、確かに。
初めて知り合った女の子軍団、通称「ギャルズ」はまきのおままごとセット(本当はキャンプ用食器・・爆)ですっかり溶け込んでいました。

まだ互いに遠慮がありますが、この後この軍団が急成長し・・・(爆)
今回はご家庭の事情(悪い事情ではありません・・爆)で、ひなちゃんとのお二人のTAKERUさん。
一人でテキパキの設営。
お昼どうしようかぁ?という相談をさきぼうさんとしたところ、B.FACEさんの現在位置を確認してからにしようと携帯にかけたらもう管理棟に来ていました(笑)

さぁ、コレで全家族揃ったので円陣を組んで自己紹介中。何しろこの中では私とTAKERUさんが1度会っただけですから。
この雰囲気、久しぶり。
いずれくるかもしれない悪天候を予想した雨風対策サイトを構築。

通称「フライマンタ方式」(爆)
ヘキサの一方をテント入り口にかぶせ、出入り口を濡れないようにして、またあらゆるところをペグダウンしてタープに雨水が溜まらぬようにしています。もちろん反対側も真ん中をガイロープで引っ張り雨道を確保。
フライマンタというよりは一反木綿?(爆)
B.FACEさんはティエラ設営中。
んん?そのすぐ脇で・・・・

「とうちゃん、しっかりやんな」(爆)
ギャル軍団のツカイッパ?となってしまったゆうは、その指示に従い喋々確保。
朝仕込んだカレーはあまり長く煮込みすぎてもいけないので、一旦シャトルシェフから出します。おお、色も深くなってトロミもバッチリ。

カレーは夜の楽しみなので、お昼用には簡易なペンネ・アラビアータ・・・いや、お子様向けに唐辛子を入れていないのでただの「ペンネ」か(笑)
さぁ、さきぼうさんが用意してくれたレクタLのリビングでランチタイムだぁ。
さきぼうさんが作ってくれた「納豆スパ」。クセも無く子供たちにも大好評。
ただしここにひらたけさんがいたらぶっ倒れていたでしょう(爆)

私の方もペンネをお分けしましたが、ちょっと量が足りなかったかな・・。
Jump to>> [1] [2] [3] [4]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |