常識以外の制約一切無しのワイルドキャンプ
はじめに
東京横断の渋滞大嫌いの我が家は、GWはお決まりの千葉県内。
今年のターゲットは(大袈裟か)、迷いに迷って「風の村オートキャンプ場」に決定。というのもこのところ毎シーズン高規格キャンプ場に慣れてきたせいか、ちょっと原点のようなキャンプ場訪問もおもしろいのではとふと思い、”常識以外一切制約なし”というキャンパーの自主性を重んじる今の時代めずらしいこのキャンプ場を選択しました
1日目 2002/05/03
このキャンプ場を企画・立案したのがタレントの清水国明さん。
アウトドアの達人として名を馳せる清水さんが”常識以外一切制約なし”、”場内ではキャンパーは一つの家族”というコンセプトを打ち立てたということです。
午前8時前に到着してしまいました。
予約の際に「早く来てもらっていいですよ」と言われてはずですが、実際は「ウチは12時からなんですよ」と。
あれれ???

しょうがないから草取りでもして待ってようかな(爆)
(時給いいなぁ。。)
管理人さんとお手伝いの方たちはなんとGW対策営業会議(笑)を管理棟で開始。
どんな会議かと耳を済ませて聞けば、
「今日はしっかり打合せして気合を入れないと、うまくこなせんぞ!ではまず最初にすることは・・・・・えーー、お茶沸かして!」(ズルッ、爆爆)
早くしてーなー(爆)
管理棟のすぐ裏手にこのキャンプ場のシンボル「オオクワガタセンター」。
というわけでめずらしいクワガタも販売中。
ながーーい(笑)営業会議の末、行動開始。このキャンプ場には通常は区画がありません。フリーサイトという概念よりもみんなで分けあって上手に使ってくださいという感じのようです。
さすがにGWだけは目安の線が引かれます。だだし大きさは管理人さんの気分次第(笑)
設営が終了した頃青空も見えてきました。今回はタープとテントのおニューをデビューさせました。ウチには無かったレクタはユニフレのエアタープスクェア。

テントはLL.beanのBean's Dome#6。このフォレストグリーンは今は手に入らないので吉祥寺店の方にアメリカから取り寄せてもらいました。これを買った動機はもちろんFORESTER LLbeanを手に入れた記念みたいなものです。
当然持って来ました、KHS westwood!
こういったダートなのでこのミニベロの本領発揮。

  

 きゃん・レポTOP |  | Sam-Home Sam-campへ |