親切管理人さんといっしょにたけのこ掘り体験!
はじめに
今年はスローなキャンプを目指すと宣言しましたが、同時に景色を楽しむキャンプというのも目標の一つにしました。そこで本年3回目に選んだキャンプ地は千葉県内の大原町上布施オートキャンプ場です。
ここは大原や御宿にといった海の近くですが、キャンプ場があるのは小高い山並みの元牧草地です。山逢いの夕陽がとてもきれいだという話や、ガルヴィでの評判などから一度行って見たいと思っていました
ところが今回訪問の土日は天気予報で後半雨マーク(T_T)
本当はLLbeanテントの筆おろしといきたかったのですが、それはあきらめ従来の装備とゲストのチャトと5人で”なんとかなるさ”の気分でいざ出発!
1日目 2002/03/29
管理人さんから「よかったら早めにおいでください」と言っていただきましたがこの日は町内の資源ゴミ回収の旗立て係りの日だったので、やや遅めの出発。
途中大原へ向かう297号線で出会えるのがこの「いすみ鉄道」です。まるでバスのような単線で、これまたマニアにはたまらない味のある単線です。
夷隅から御宿へ向かう県道の田園地帯の続く道を左に折れしばらくいくとこの入り口があります。
ここが急坂で結構厳しいと聞いていましたがそんなでもないです。
普通車は全くOK。
この日はまだ天気が崩れる様子もなく、気温25度の夏日です。
ただ低気圧の近づく前触れかすごい風でした!
当初眺望の開けた高台Cサイトにするつもりでしたが、迷ったあげく一番西側Aサイトの奥にしました。
多分Cを選んでいたらタープが吹っ飛ばされていたでしょう。
ここは木々が防風林になってくれましたし、風の流れの方向に逆らわないようにタープを張ったのでほとんど影響を受けませんでした。
さすが元牧草地。
なだらかな斜面に小さな草花を携えた芝や草がふかふかして気持ちがいいです。
こちらがそのCサイト。段々状に区画されています。8×8くらいの大きさでしょうか。サイトが平面でないとダメという方はこちらがいいですね。
Cサイトの目の前は房総の山々の眺望が開けています。
そのすぐ下には手作りのブランコ。
前回マキがシーソーで骨折したので、ちょっと恐怖(苦笑)
それは冗談で、とっても安全です。
前が開けたブランコなのでメチャおもしろい、とは子供たちの感想。

  

 きゃん・レポTOP |  | Sam-Home Sam-campへ |