Sam-Home Sam-Campの

はじめに
2002年のGWは千葉のど真ん中亀山湖の湖畔に位置する公営の稲ヶ崎キャンプ場に行って来ました。
このキャンプ場にはちょっとした思い出があります。一年半前の2月にこのキャンプ場の姉妹キャンプ場(長崎キャンプ場=デイキャンプ専門)でガルヴィのCMモデルになり撮影をおこなったのです。
ですから管理人さんとも顔見知りで、「いつかうちのキャンプ場においで」と言われていたことの実現となりました。
湖と緑に囲まれたロケーション、一泊3000円のリーズナブル料金、期待いっぱいで出かけていきました。
●キャンプ場の評価はこちら
●ガルヴィの撮影の模様はこちら


1日目

11時に到着。公営なので12時までは待ってくださいとのこと。
場内をぶらぶらしながら、設営前にお昼を。
このテーブルは各サイトにあります。結構ありがたい。
奥のほうに見える赤い橋がちょっとしたシンボルです。
約1時間半で設営終了。まだ周りは来ていませんね。
子供たちはそんな間、すぐ前の自由広場で早速水遊び開始。ちなみに管理人さんが「この水は自噴する鉱泉なんだよ」とのこと。
サイトは14番、予約順に決められるということでしたが、1番から順番ではなくロケーションのよい順のようでした。じつはかなり早くの予約だったので目の前に公園、山、湖が一望できる一等地にあたりました。
全体図はこんな感じです。
こんな大きなすべりだいが。
子供の遊び場にいは事欠かないところです。それにサイトから様子がよく見えるので、危険なこともありません。
サイトの高台を降りるすぐそこが亀山湖畔。ここはダムとして作った人造湖で大きな円形の湖ではなくどちらかと言うと川が堰き止められ、その川幅が広がっていると言う感じ。
広範囲に広がる湖です。

  

 きゃん・レポTOP |  | Sam-Home Sam-campへ |