Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2010
涸沼自然公園オートキャンプ場
キャンプレポートの一覧へ>>
■こんなに気候のいいGWキャンプは何年ぶりだろう!■
ここ数年、そして傾向的に4月末から5月の末には小さな前線が張りやすい気候でした。よくても曇り、悪ければザーザー振り。それでもこんな長期休暇が来ることがないとわかっていれば、天気のことなど考えずにとにかく各キャンプ場の予約開始日となれば電話殺到、メール殺到です。例年のように千葉or茨城で、まだ見ぬキャンプ場でのGWキャンプ、候補地も少なくなってきましたが、人数的に受け入れの大きい「涸沼自然公園オートキャンプ場」は奥の手?として残しておきました。そして今年は奥の手を使うとき。ちょっとした都合の関係で、最初にご一緒するメンバーが来れなくなるということもありましたが、最後まで2サイトを抑えていたので、ちょうど直前キャンプ場を探していらっしゃった子トラさんにお声がけして、2組隣同士でのキャンプとなりました。初日は長男の部活があり出発は午後。ゆっくり車載の準備も出来るのでそれもよし。そしてその車載の荷物として長らく愛用した椅子を分解して載せています。今回のキャンプの目的の一つがその椅子を燃やしてあげる「椅子供養」。椅子供養についてはこちらをご覧ください。・
●2010/05/02
いつも以上に解体した椅子を載せるのに一苦労。細かい部品は袋詰め。

出発は部活終了後で3時。今のところ天気には問題なさそう。
東間道を水郷潮来で降り、ここからは一般道。

まさしく水田地帯。
最近はお目にかかれないちょっとした農家の豪邸。

そして内陸から大洗の海へ抜けて・・・
大洗からまた一度内陸に戻ると涸沼です。

道なりで分りやすいですが、突然キャンプ場にぶち当たるのでびっくり。
そして入り口がまた唐突でびっくり。
見逃してしまいそう。

ここがキャンプ場、公園とも入り口です。

。まずは入って管理棟。
GWということで職員さんも大忙し。

我々が予約したのはオートキャンプ場。その他がフリーと共に左に集中しているのが分ります。
全体案内図。一番下がキャンプ地、中央が湿原、上部が涸沼を一望できる高台の公園です。

フリーサイトはかなり混んでますな〜。
お、子トラさんのテントだ。

どうもどうもと軽い挨拶を済ませ・・・
我が家のサイトは20番。

公証80uとなっていますがもっと広く感じます。
さぁ、設営開始。

オートサイトには全て電源がつきます。連泊には何かと便利ですね。
今回はアルバーゴですが、少し変わったことをしたかったので対角線(斜め)に位置取りしました。

前室はリビングオンリーとして・・・
そしてこの怪しい黒幕(笑)を取り出し・・・

怪しいでしょ(笑)
これをアルバーゴと近接するようにウィング形状に張り、

ここをキッチンとしました。
これですっきり!

すっかり夕方ですなぁ・・当たり前か6時過ぎなんだから(笑)
一応冷え込み対策の電気毛布と電気湯たんぽ(笑)はもってきました。充電中。

さらに今回はワームも持参して万全の体制で。
「寒い!」と文句を言われたくないので(笑)
私としては最近珍しいWGランタンも持参。それもやはりあまり出てこない295。

本日のいくつかのニューアイテム、IKEAのソーラーランプ。必要あるのかどうかは別にして・・・(笑)
早速夕飯の支度。今日は漬け込んだスペアリブ。簡単チャコールで時間節約。

ママの方はトマトベースの野菜スープ。
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5] [6]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |