Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2008
九十九里ハーブガーデンオートキャンプ場
キャンプレポートの一覧へ>>
■現役好青年、元好青年(笑)たちの集い!?■
今年1回目のファミリーキャンプ・・・のはずだったのですが、私が息子のテスト前の週を勘違いし、それが2月4週だったために2月3週がすっぽり空いてしまいました。そこで家族にも了承を得てソロキャンプ出動に急遽方向転換。何しろそれがこの日の1週間前のことですからお付き合いしていただける方はいないだろうな・・と思いつつダメモトで「いきなり」でお声をかけてみたらなんとスノーボンドさんzaakkyさんがそれに応じてくれたからそれは大喜び、大感謝です!事実上5日の間にまずはキャンプ場を決めなければいけないので、今回は我が侭を言って私が前から一度お伺いしたいと思っていた九十九里ハーブガーデンオートキャンプ場を推薦したところ、お二人も了承。予約もこの時期ということもありすんなり取れて、あとはほとんど打ちあわせ無しでとにかく行ってから決めよう的の「いきなりキャンプ」を実行しました。私とスノーボンドさんならどう見ても「オヤジ」キャンプなのですが、若いzaakkyさんが参加してくれることでそれに便乗して今回は「好青年キャンプ」と勝手に命名(笑)。多少、いや、かなり無理があるのは承知で(笑)好青年の集いを楽しんできましょう!
●2008/02/16
好青年の朝は早い(爆)
9時にはもう九十九里に到着。

そして海を眺める・・青年だ(爆)
九十九里東金有料道路をサンライズのところで左折ししばらくは知るとこの看板。非常に判りやすいです。

そこからもわずか行ってこの看板が出てくれば間もなく。
ハーブガーデン、到着〜。

同一の入り口から左側に入るとオートキャンプ場。
まずは受付をレストラン「ラ・パニエ」で行ないます。

なんか、素敵なヨーロッパスタイルの雰囲気ですよ〜。
これは好青年にピッタリ!
迎えていただいたのは笑顔が素敵なガーデン部長の金沢さん。ガーデンの方も仕切りながらオートキャンプ情の方も実質任されていらっしゃるようです。

「今日は他にいないから、好きなところ自由に選んでね〜」ありがたいです。
「この照明さぁ、自分で点けて、自分で消してね〜」まさに自由です(爆)。
まだ他の青年たちが到着していないので場内視察。
ここは炊事棟。いつでもお湯が使えます。これはありがたい!

初め宿泊施設とすっかり思い込んでいたトイレ(笑)。極めて清潔で男女ともウォッシュレット完備。さらにはシャワールーム24時間無料!自由です(爆)
こちらがロングトレーラー。風呂もトイレも付いてるそうですよ。

そのすぐ横が1番サイト。これはどう見ても200平米はあります。聞けばキャンカー牽きの方に使ってもらえるようにとのことです。ちなみに部長さんはこのように言っておられました。「このだだっ広いところも、そうでないところも同じ料金っていうのが不思議だよなぁ!?」一体それをどなたが決めたのですか!?(爆)
本当に自由です(笑)
こちらが真ん中のシマ(13〜17)で、だいたい100平米はありこちらでも充分広いです。

奥のサイト6番。ご覧のとおり日影が出来やすいので夏の指名No1だそうですよ。
真ん中のシマ、18〜20番。反対側に比べるとちょっと木陰が多め。

そして最もハーブガーデンに近い10〜12番。
さて、今回は冬場でもありますし最も明るくフラットな17番をメインにしようと思います。

まるで青年のような(笑)爽やかな笑顔で登場のスノーボンドさん。
おはようございます!
メインは17番でいいでしょうということになったので、クルマは3台入れてしまう1番を使いました。

出た!!!
「ボル・・・ベ」(爆)
今回はえらく久しぶりにパラタープを引っ張り出しました。

別に、凧揚げをしようというのではありませんよ(笑)
ね、ちゃんと建てればなかなかカッコイイスクリーンでしょ!

現行のパラも悪くないけど、やっぱりこのウルトラシンプルな構造とスタイルが傑作だと思うなぁ。
zaakkyさん、到着〜。
標識と反対周りで(爆)
ま、自由ですから(爆)

「はじめまして〜」
そりゃそうだ!だって5日前まで交流無かったんだから・・そう考えるとネットの繋がりってすごいですよね。
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |