Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2007
キャンプレポートの一覧へ>>
■父娘ペアキャンプリベンジ、そしてキャンプ150回記念!■
今年に入って息子の予定がなかなか立たず、ファミリーキャンプが激減している中、それとなく話しが出てきた「父娘」という組み合わせ。娘自身は乗り気ではないので、どうしたら行ってくれるだろうなぁ、と思案していたら、大の友人ひらたけさんが父娘を考えているというから、是非一緒にと懇願。娘ものどちゃん(のどかちゃん)が一緒ならOKということで正式に「父娘ペアキャンプ」が決定しました。
本来このキャンプは2週前の海の日に舞台を日川浜オートキャンプ場で行なう予定でいました。ところがみなさまご存知の通り、その日は超大型台風4号は日本列島を縦断するということで、安全第一やむなくキャンセル。でも気持ち的にはせっかくのこの機会を逃したくない、そこで2週間後の週末に再予約(日川浜が一杯だったため、すぐ近隣の波崎シーサイドキャンプ場にスイッチ)。
今回のキャンプは事前打ち合わせで、ちょっと面白いことをしてみようと相談。それは少人数のキャンプを活かしての「お座敷スタイル」のローキャンプ。
7月の末だから天気なんて心配するべくもないのが通常ですが、なんと今年は梅雨明けがここまで延びてしまい、事前予報もほんの直前まで雨マーク。ところが前日に一転今度は晴れマーク(ただし日曜に雨マーク)。我々の晴れパワーを今回も発揮か!?
●2007/07/28
「ママ〜、いってきまーす」
こういうお出かけってあまりないからね。

行きの車中がつまらなくないように、娘の大好きな大塚愛のCD3枚投入!
東関道へのアクセスはわずか10分、そして乗ってしまえばあとは渋滞もなくスムーズに。そして終点潮来から水郷道路〜124号線へ。とにかく順調。

ストップしたのはこの昼食を買いにセブンイレブンに寄っただけ。
東関道から波崎まではだいたい30分。
キャンプ場直前に出くわすでっかい風車。ということはこの辺は「風」の名所か??
まだ10時なのでちょっと寄り道したシーサイドパーク。。

風車はこの公園のモチーフなんですね。
公園といっても実際にはこんな矢倉と駐車場があるだけ。

でも景色は抜群です。
海岸に下りてみると、とにかくビックリするのはその貝殻の大きさ。すべてでっかい蛤ばかり。

「やったね!ぜんぶ持って帰るよ」
はい、はい、わかりました(笑)
シーサイドパークから数百メートルでキャンプ場へ入る道に出くわします。

これがキャンプ場エントランス。
入ってすぐに管理棟があります。
10時半だったのでインできるかなぁ、と思ったけど「11時まで待ってくださいね」ということでした。

そしてその間は裏にある駐車場に待つように指示されます。私同様の慌てモノが案外他にも(笑)
その間ちょっくら場内散策でもして見ましょう。こちらはその駐車場の先にある第2キャンプ場。

けっこうこちらのサイトはまぁまぁの雰囲気ありますねぇ。広さは80uくらいのくかくでしょうか。
こちらは第2キャンプ場に隣接してある展望台。

実は2階が展望(露天)風呂になっています。
第1キャンプ場に戻ってきました。

手前の方のAC電源や、ペットサイトはこんな感じの区画です。
途中にあるコテージ。コテージは集中していなく、場内に点在するようにあります。

そして一番奥が「フリーサイト」と看板の出ている区画サイト(爆)
炊事場も各所に点在。大体造りはみなこんなふう。

トイレ&シャワーのサニタリー。新しくはないですが、清潔です。
そんなこんなでピッタリ11時。
ここでチェックインさせていただきました。

そして今回指定されたのは、「フリーサイト」という名の区画19番、20番(しつこい・・爆)
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |