Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2004
キャンプレポートの一覧へ>>
■梅雨時だからログハウス・・・しかし雨は降らなかった(爆)■
会社の同僚(ヒゲおっちゃん)が新車を買った1ヶ月前に、「免許を取ったばかりのカミサンに車の練習をさせたいんだよねぇ。だから道の走りやすい千葉にキャンプ行かない?」というなんともこちらにとってもありがたい(笑)提案を受けたので、早速予定を立てることにしました。
しかし6月の中に入ってもう梅雨真っ只中。あまり雨キャンに慣れていない同僚に負担があってもいけないので、宿泊施設に的を絞りいろいろ考えていると・・・ガルヴィの7月号に「ふれあいの森オートキャンプ場 / ログハウス体験キャンペーン中・・」という一説を見つけ、尚且つ期間限定で一人¥2000円(子供半額)という破格値!
これを使わない手はないと、早速予約を入れ、密かに「雨を心配しないでいいっていうのは気楽でいいなぁ」などと気楽に構えてその日を待ちました。
そして当日。。。。まぁーいい天気だこと(爆)
はははは、晴れてガックリではないにしろ、なんとなく損をしたような・・(^^;)
●2004/06/19
前日に「カミサンの仕事が急遽トラブって、着くのが夜になっちゃう!」とのヒゲおっちゃんからの連絡。
では急いでもしょうがないので、県内だし、知った道を通るのでお昼を目標にゆっくり出発。
12:00にはキャンプ場の少し手前の道の駅「たけゆらの里・大多喜」で昼食。
しかし、この天気が梅雨なのか・・・(^^;)
竹炭が特産なのでおそばもグレーが珍しい「竹炭そば」。かわいい祭り寿司がつくのもこういう土地柄ならでは。

効能書きがあったのですが、「効果としては○○・・・・があるらしい」と正直に書いてあるのが笑ってしまいました。
297号線から目立つピンクの案内板で左に折れるとえらく細い橋を通るとしばらくこんなダートを進みます。
こんな里山の中にキャンプ場があります。
切り開かれた道の奥に管理棟が見えてきました。
受付のときに記念品の抽選会。
ダンボールの抽選箱がほのぼのします。
ゆうが当てたのはかわいい部屋の案内板とポプリ。
今日宿泊のログハウスは手前が6畳、奥が8畳の広さです。

部屋の中には小さな冷蔵庫と扇風機、簡易の寝具(シュラフ、マット、毛布)のシンプルなもの。
ログハウスが位置するのはこのキャンプ場のベストロケーション、場内が見渡せる高台にあります。
ログハウスにバルコニーが無い変わりに、ちょうど1サイト分の芝生があります。

今回はここを使わせてもらって、ゆったりとレクタを一張りさせてもらいました。
なんともいえぬ雲と青空。
ログハウスのすぐ前にあるカラフルなテーブルと椅子。さらに流しとBBQピットもありました。
このキャンプ場はこんな感じですべて手作りの雰囲気です。
ヒゲおっちゃんが来るまでたくさん時間がるので、いっぱい遊ぼう!

ん????
奥に見えるのはゲーセンによくあるレーシングマシーンのようだが、なぜこんなところに??
Jump to>> [1] [2] [3] [4]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |