全く予定していないキャンプでした。
1週前がひらたけさんとの父娘キャンプ、1週間後は夏休みキャンプキャラバン、だから中休みというのが本来なのですが、ちょうどこの週末に家族が実家に帰省(といっても東京)して、私一人の週末はなんかつまらない・・・だったら思い切ってソロキャンプに行ってしまえ!だって家族に迷惑かけるわけでもないし。一応妻の了解が要るので聞いてみると「じゃあ、行って来れば」の二つ返事。それじゃあどこへ行こうか、急に決めなければいけないので、近場の房総かなとも考えましたが、なんかそれもつまらない。そうだ!久々の道志にしよう。そしてさらには悪知恵がはたらいてしまい(笑)、どうせなら時間いっぱい有効に使うために2箇所へ行ってみよう。最初にデイキャン、そして2番目で泊まり。道志は言わずと知れたキャンプ銀座。キャンプ場選びに迷ってしまうほど。そこで考えたのが、御殿場廻りのが私にとっては楽なので、山中湖に近いところを1番目。そして道志村の中央付近を2番目にしよう、と。そこでガイドブックなどとにらめっこして決めたのが、「奥道志オートキャンプ場」と「ネイチャーランド・オム」。どちらのキャンプ場も以前から行ってみたかったので、とても都合がいい!さらには新しいソロ用テントを買ったばかりなのでもっと都合がいい。ただ経験上ソロキャンプは暇だから、いろいろ暇つぶし道具と手間のかかる料理など時間のない中いろいろ考えました。(それもまた楽しかったり・・)
さぁ、初のスイッチングソロキャンプ、面白くなりそうです。
■2007/08/04 奥道志オートキャンプ場 Page-1
今回はETC割引適用のため午前5時に出発。

時間内に通過できたものの、やはり眠さには勝てず、海老名で仮眠(笑)
中央道は使わず、東名御殿場ICへ廻りました。この時雨が・・・
ICからは138号線で。このルートの方が道志は楽ですね。

お!!雨が上がり、富士山が!
8時に山中湖に到着。
ここでしばし簡単な朝食休憩。

雲は多めながらも富士山もしっかり顔を出しています。
さて、道志の入り口でちょっと寄り道をしましょう。最も西にある「山伏キャンプ場」を見学させてもらいました。

林間が多く、ほとんどが渓流沿いのサイトという恵まれたロケーション。ただ如何せんサイトが狭いように感じます。
そして奥道志オートキャンプ場にINの時間ピッタリ(9時)に到着。

まずは入ってすぐの管理棟でチェックイン。
管理棟に有ったサイトの見通り図です。ぐるっと円を描くようなサイト構成ですね。

私が指定されたのは最も手前の6番。サイト面積は50uちょっと。んーーん、少し狭いですね。
隣りが炊事棟ということもあって目隠しのためにウイングを張りましたが、これでサイトいっぱいになってしまいました。

まずはゆっくり冷たいお茶でも飲みましょう。
サイトの周りには小さいながらも渓流が走っていました。このせせらぎがいい感じでした。
急ぐ旅ではないといいながらも、この作業だけは早めにやっておかないと・・・それが初の挑戦「ビーフジャーキー」作り。
まずは下味を肉につけます。

そうしたら風乾。網の上に広げてからネットに入れて、風通しのいいところに吊るしておきます。
さて、ちょっと場内を歩いてみますか・・このキャンプ場はなんといってもこの源流に近い道志川。すべて浅瀬で水遊びに好適。

その川に接しているのが1〜3、10〜21番。この辺がベストサイトかな。
炊事棟は簡易ですが、常に清潔に維持されています。実際掃除を何回もしていました。

炊事棟から坂を上がる途中にあるバンガロー。
さらに上にあがった30番台のサイト。グループはこちらがいいかもしれません。
(37、38)

(33〜36)
最も上にある52,53,54。段々になっているプライベートサイトですね。

こちらはシャワー棟。
トイレは入り口付近にあります。小さいけれど清潔度は充分です。
訪問キャンプ場の一覧へ 次のページへ
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5] [6]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |