<<イントロムービーに戻る
平成14年の初春のある日、100スキ好きクラブ会長のまいどさんからケイタイに電話がかかる・・「SAMさん、BE-PALの取材受けてくれへんやろか〜」という驚きの内容。ちょっと戸惑いながらも普段の100スキ好きクラブへの貢献度の低さに反省し(爆)、「私たちでよければ!」と二つ返事。その後世話人のEVさんを介してBE-PAL編集部の方と連絡を取り、その内容を聞いて驚愕。100均グッズ特集のモデルファミリーというのまではよかったが、な・な・なんとそこにはあのアウトドアの達人シェルパ斉藤さんとの料理対決という修羅場が待っていたのだ〜!!(爆) ではその取材撮影秘話をご紹介いたしましょう。
(このレポートの公開についてはBE-PAL編集部からの許可をいただいております)
i BEPA@L サイトへ 100スキ好きクラブ公式サイトへ
Page-1
待ち合わせはある平日の朝9時。
ロケ地の森のまきばオートキャンプ場は我が家から最も近いオキャンプ場です。
受付で「取材で予約が入っていると思いますが・・」と尋ねると、「まだ誰も来られておりませんが、どうぞどうぞ」と顔パス。
場内に入るとまずはこの看板。
右へ曲がりたかったが・・(爆)
高台の区画サイトで皆さんを待つことに。
とにかくここは広大。それもそのはず元々牧場だったところで、400サイトが収納可能。
この写真が写しているのは全体の1/4くらいです。
こんなサイロがその牧場の雰囲気を盛り上げてくれます。
牧草地なので草花が豊富。春らしく色とりどりの野草が咲き乱れていました。
一部では桜が7分咲き。
ちょっと天気が・・・撮影中もつかなぁ・・・心配。
しばらくすると編集部デスクのKさんがアウトドア系とは思えぬ(爆)黄色いフランス車で最初に到着。
「はじめまして〜、今日はよろしくお願いしまーす」とお互いに挨拶。
ほぼ間をおかずに、カメラマンさん、ライターさん、そしてシェルパ斉藤さんが到着です。
今日の段取りを矢継ぎ早に告げるKさん。
そのテキパキぶりにびっくり。さすが〜!
さらに簡易本部が作られ、会議は続く(笑)。
その前で全く緊張感のない社会人未満(爆)
シェルパさんはとにかくマイペース。
仕事であってもアウトドアへのアプローチは変わらないようで、同行のワンちゃん(コチラも誌面でお馴染みですね)たちの散歩、食事と世話をする姿がなんともかっこいい!
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |