Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2014
那須高原アカルパ・取材訪問編
那須高原アカルパ・取材訪問編/Sam-Home Sam-Campキャンプレポート
キャンプレポートの一覧へ>>
■美しい白戸川と癒しの森たちのハーモニー■
この夏に目指す私の初の書籍、その出版に向けての再取材の旅、第1弾が「栃木・群馬キャラバン」です。
そのスタートになったのが、「那須高原アカルパ」です。
こちらにお邪魔させてもらったのは今から14年も前の2000年。当時はまだ那須でも新鋭で、四駆好きのオーナー(東京オフロード経営)が作った、本格的なオートキャンプ場として話題になりました。
そのときのファミリーキャンプは実に楽しかったですし、那須の独特のリゾート気分をかなり満喫できたことを覚えています。
「アカルパ」というユニークな名前は「アウトドアカルチャーパーク」の略。
今現在、運営を任されているのは次男でいらっしゃる「功健さん」。事前取材のご依頼をさせていただき、気持ちよく引き受けてくださいました。
今回の取材キャラバンにはコゲ山さんが同行。アウトドアの大ベテランが随所サポートしてくれました。
那須高原アカルパ公式HP >>
●2014/04/07
快晴の中の東北道。
那須連山もバッチリ見えますねー。
アカルパは、キャンプ場としては市街地の奥、別荘地の周辺にあり、それゆえ環境葉間違いありません。
あああ、なつかしい、この管理棟!
炊事棟の近くに車を停め・・・
あ、ニャンコ!
「だれだ、おまえは?」と完全に警戒されています(笑)
怒ってます(笑)

こうみえてオジサンはニャン2匹と暮らすネコ好きなのよ(笑)
今度は大ベテランが(笑)
まずは、最初に管理棟にて現在のこのキャンプ場の責任者、功健さんに1時間あまりインタビュー。

とても物腰が柔らかく朴訥とされておりましたが、芯の太い考えをしっかり持っておられる方でした。
では場内を拝見します。
功健さんイチオシの「癒しの森」からスタート。
と、その前にやはり白戸川を。
きれいだし、野趣溢れるし。

しかし、あの那須の大水害のときは信じられぬ水量になったそうです。
癒しの森=Dサイト、スタート。
けっこうテクニカルなレイアウトもあります。

しかし何しろ1サイトが広いから、どうやってもレイアウトできてしまうと言うのも事実で、そうであれば自分の好きなロケーションを選んだほうがいいでしょうね。
この小さな小路が「カタクリの遊歩道。
Jump to>> [1] [2] [3]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |