SNOW PEAK WAY2008 in 朝霧高原 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
もしかしたらスノーピークウェイに突然申し込んで、どうかしちゃったの?と思われる方も少なくないと思いますが(笑)、「一度行ってみたい」と思ったのは決して最近のことではありません。ただ急ぐことは無いと、この先チャンスがあれば・・くらいに考えていたところ、ふと聞いたウワサ(あくまでも特に根拠は無いウワサですよ)で、10年目の区切り(さらには創業50周年)の今年が最後になるかもしれない、と聞いてしまったので、これは行かねばなるまいと勝手に思ったのが今年の年初。まずは外れて元々の気持ちで申し込んだら、なんとアタリ。話では倍率4倍にもなるということなので、なんだか申し訳ない気持ちも。でもせっかく訪れたチャンスを逃してはならないので、まずは行ってみなければ!です。家族はちょうど「春休みの週末は実家に里帰り」というのが恒例行事のため、ソロ参加。それに誘っても場所と季節柄「寒いからイヤ!」と言われるのがオチなので(笑)。しかし考えてみたら小物以外ほとんどSNOW PEAK製品を持っていないで参加するのはいいのだろうか?という疑問もありますが(笑)、それはそれ、たまには私のような変わり者が加わるのもいいでしょう!・・・それに「もちろん、スノーピーク製品を一つもお持ちでなくてもご参加いただけます」とも書いてるし(笑)。
向うはこちらも初体験の朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
■2008/03/29 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 Page-1
昨晩遅くなっちゃって帰宅が1時。それから深夜スーパーに買出し(笑)
なので頑張っては起きたのですが出発は6時、朝日が出るころ。千葉の桜は満開一歩手前。

おお、今日は実に富士山がクッキリ!
御殿場からの富士山もなかなか。
8時半富士インター〜139号線へ。
富士宮の桜は5分咲きくらいでしょうか。

過去朝霧で見た富士山では一番大きく見えます。そうさせるのが冠雪の量なのかもしれません。
139号で看板を右折するとこの道路に入るのですが、朝霧ジャンボリーゴルフ場と間違いやすいので要注意。

本来の受付はこちらです。やはり元ゴルフコースらしくクラブハウスです。
SNOW PEAK WAYのときは受付が向かい側の駐車場になるようです。ちょうど9時に着いたのでもう行列。

しっかり受付、現金払い(笑)
某社のスタコラ受付とはちょっと違う(爆)
このときに配布されるのが参加者を証明するナンバーカード、ネームカード、そして今回の創業50周年バージョンバンダナとステッカー。これはかなり貴重かも。

ネームカードは白いストラップに合体。オレンジ色?そうこれは2002年バージョンです。なぜ私が持っているのかって?(笑)
さて、キャンプ場へ突入。

まずは軽いオフロードがお出迎え。
サイトは左回りに展開していきます。最初に通り過ぎるのはJサイトと、Kサイト。こじんまりとしてグループ向きかな、とも思いますが、ここからは富士山が見えないのが残念。

イベント広場に最も近く、施設にも囲まれてキャンプ環境としては一番オーセンティックなのはこのIサイトでしょう。
そこを突っ切ってそのままイベント会場まで行ってみました。本来はキャンプサイトとしては別途要相談の場所らしいですが、今日は当然開放で、イベントの場所以外はもうすでにサイトとして埋まっていました。

ここは後でゆっくりと・・。
さぁ、どうしようかなぁ、と迷っていったんIサイトのこの小高い丘がいいかなと候補にしたんですが・・
まず富士山が全貌で見れないのと・・

管理棟の目の前というのは目立ちすぎる(爆)
そこで次のMサイトに行ってみると・・

結構フラットで使いやすそう。でもどう見てもファミリー優先の場所だから、ソロが割り込むのはちょっとご迷惑かな。
またまた迷っていると見覚えのあるトレーラーが・・
そうです、先日のSPSでもご一緒だった下駄屋さんのグループサイト。

おお!ちょうど「きこりのローソク」が!
それも径の太い桜。自作だそうです。
「隣が空いていますからどうぞ」とご親切におっしゃっていただきました。ありがとうございます。
で、付近を見渡してみてすぐに気に入ってしまったのが、この端っこの小さな丘。
これはちょっとファミリーさんには使いづらそうなので私にはいいかも。

そしてなんといってもこの借景がグッドルッキング!
では・・・(爆)。

そして・・・(爆)

なんとなく色「だけ」はそれっぽいでしょ(笑)
椅子も・・・(爆)。
キャンブラか!(笑)

というわけでしばしこの風景を楽しみましょう。
訪問キャンプ場の一覧へ 次のページへ
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |