Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2013
秩父巴川オートキャンプ場 2013年リバーサイト開設編
キャンプレポートの一覧へ>>
■74歳、ますます盛ん!リバーサイトも増設してしまうパワー全開■
昨年、毎年恒例としているひらたけさんとの秩父のキャンプ場めぐりの候補として、全くの事前情報無しで訪れた「秩父巴川オートキャンプ場」。それは行ってびっくりの世界。何がすごいって73歳(当時)のプラチナ世代3人組が始めたばかりというのですから、キャンプ場数百を巡っても出合ったことことがないすごいプロフィールのキャンプ場でした。
その顛末は昨年のレポートに譲るとして、そのときにこちらから言った一言がよくなかった(笑)。「この川沿いはサイトにすべきでしょう。きっといいサイトになるはず。
すると今年の3月、オーナーの戸塚さんから私に突然電話があり、「あんたが作れというから、リバーサイト作ったよ」と。えええええ!!!!!(笑)
「だから、今年また見に来てよね。頼むよ。それに、あんたがたが来てから急にお客さんが増えてさ、早くもGWの予約がいっぱいになったよ。もうやる気出ちゃってさ。なんかSAMさんのホームページを見たっていうんだ。いったい、なにをしたんだい!?
いや、何もしてないのですが(笑)、それならそれで大変うれしい話で、たくさんの方にこのプラチナ3人組に会いに行ってほしかったわけですから、レポートアップ冥利に尽きるというものです。
とにかく「来い」と言われて行かないわけにはいかんでしょう!!それなら2人だけではなくもっと誘ってたくさんのキャンパーと行くべき。で、じゅんちちさん、きむさん、みねちゃん、バンカーさん、コゲ山さん(ご存知影山さん)、そしてじゅんちちさんのご紹介でローさん(サビルローさん)とご一緒する事になりました。
●2013/05/18
ひらたけさん宅出発!
お見送りはのどちゃん、そしてパフ。いってきます!
今回は下道ではなく、関越〜皆野寄居有料道路で。
これを使うと本当にキャンプ場に至近です。
秩父のキャンプ場はどうも都心から遠いというイメージがあるかもしれませんが決してそんなことはないです。
看板バッチリ、分りやすい。
さらに看板。赤い橋の手前というのが目印ですかね。
あれ!?このクルマはじゅんちちさん。
場内に入らずどうしたのかな??
昨年よりもさらに活気がもうすでに・・・・
あ、畑が出来てる!
ご無沙汰しています!!

「ここの畑で採れたもんをみなさんにもお分けしようと思ってね」

いやー、バイタリティ&コミュニケーションパワーがますますお若くしています!
「川沿いのサイト(リバーサイト)、まずは見てきて!」

ということで3人でまずは視察してきます!ワクワク。
このくだりを降りたところが昨年は広場、草地でしたが・・・
ジャーーーン!サイトになってました!!!
公園は残ってます。
1サイト、どう見ても120u超でしょう。
「トイレとかも遠くなると思って作っちゃったよ」と3月の電話でおっしゃられていましたがそのとおりでした。水場も併設。
この注意を守ってくださいね。
これさえ守れば楽しく水遊びできる川ですから。
たしか私たちが去年言ったのは「ほんの数サイトでもあれば・・・」と2,3サイトのイメージで進言させてもらったのが、なんと川沿い全部をリバーサイトに変身!(笑)

いやー、我々のような肝っ玉が小さいのとわけが違います(笑)
しかもまだやる気(爆)
この巴川では、サイトにドラム缶があるところはそこで直火の焚き火が可能です。
直火が出来るオートキャンプ場は少なくなりましたからねー、貴重です。
なんと、リバーサイトのみならず通常のサイトも現在さらに造成中!

やると決めたらやる!それが激動の昭和を生き抜いたジャパニーズガイ!

※当初ここにあったドッグランは、あまり使われないということでサイトに転換されました。
こちらが当初からのベーシックサイト。
区画としての広さは70uくらい。もちろんこちらと広いリバーサイトは料金設定が違います。
さすがに場内図にはリバーサイトはまだないようです。

※こういうこと書くと次に来るまでに出来ています(笑)
これ、ここで採取された化石。
だって、川向こうの地層は1200万年前のものですから!
「まぁ、コーヒーでも飲んでさ」

ありがとうございます!
じゅんちちさんに「あ、今日はあのジャングルモックはいてますね!」と見つけられてしまいました(笑)
ここはジャングルじゃないですけど(笑)
コーヒーだって言ってるのに、牛丼食べてる人がいる(爆)
「ああ、どうもいらっしゃい!」、オーナーの戸塚さん到着。
3人の管理人さんはみなさん同列なんですが、経営経理担当の戸塚さんがオーナーさんとしての立場を務められています。(以下、文中の「オーナー」とは戸塚さんのことになります)
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5] [6]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |