Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2008
フォレストパーティ峰山〜2010年ギャルズパーティ編/SamHomeSamCampキャンプレポート
キャンプレポートの一覧へ>>
■2010年キャンプ初めは「ウインター・ギャルズ・パーティ」から■
2010、スタートはモテモテのうれしいキャンプから。このギャルキャンプは昨年11月ころ、珍しく娘が「キャンプ一緒に行ってもいいよ、でも二人だけはイヤだからね」(爆)ということで、お友達のれなちゃん、ゆうのっぴを誘っていくことに。そこで昨年のキャンプマンズでご一緒できなかったひらたけさんさきぼうさんもお誘いしたところご快諾いただき、若いギャル(爆)を6人集め、オヤジと遊んでもらうキャンプとなりました。その場所はやはり天にも昇る気持ちになれる(笑)「別世界」、フォレストパーティ峰山がいいでしょう。なんといっても寒いし、ゆうのっぴはキャンプ初体験。そこで電源ばっちり、シェルで暖房ばっちりで臨みます。かしましいギャルとともに別世界にいけるのかな??(笑)
●2009/011/28
さぁ、ギャル3人を連れて出発。
なんと幸せな(笑)

天気も幸せだ!
キャンプ場途中までを引っ張りたくないので省略!
1時間ちょっとで到着。
この看板のわき道の小さな農道を少し進むと・・・

まずはこの橋に到着。
この先に待つ別世界の入り口。
そうしたら必ずここで電話を!
別世界へ続く道はクルマ1台分の急斜面の凸凹林道。最高にエキサイティング!
看板がかなり新しくなりました。そしてこの道は「花嫁街道」だったのですね。
※花嫁街道は房総の歴史の一部です。

分かります?
この先いろいろなところに隠れミッキーが出てきますよ〜(^^)

↓看板も新旧あって楽しいですよ。
クッキーの飛びつき。ご存じない方びっくりしますよ〜(笑)

どこまでも「シャレ」が利いてるオーナー。
そのエッセンスがどこから来ているかというと・・・
山頂へ到着!
そこで待っていてくれたのは”ダイヤ”。

決して逃げたりせず、すぐに仲良くなれます。
なんと「いきものがかり」のCDジャケットはここで撮られてます!

そのほか四季の風景がアルバムで見れます。
設営前に山を登ってクッキーに会いにいこう!

実は峰山は千葉で2番目の高い山。
待ち構えるクッキー(笑)

おや?いつもよりおとなしいなぁ・・・
なんとなくそわそわ・・

でもやっぱり(笑)
??††?嫖?¬????????
展望台に登りましょう。

初めての光景をみるレナちゃん、ゆうのっぴは「わぁー!」
しかし気になるのは・・・

下でお待ちかね、大興奮のクッキー。
「ワン!ワン!」
でも、ちょっと以前とは違います。
「待て!」でしっかり止まって・・・

でもやっぱり(爆)
そう、これが名物クッキーパンチ!
飛び掛るけど、噛みませんよ、クッキーは。

噛まないけど「遊んで〜」と離してくれません(笑)
可愛いじゃないですか〜(^^)
ちょっと遠回りして帰りましょう。

なんと道案内はダイヤ!
峰山ではオーナーとこの山の友達が全員で「接客」。
今回のサイトはオートの広い奥。3組で貸し切らせていただきました。
もちろん設営はギャルにもやってもらいますよー!

冬は電源(笑)
ひらたけさん到着。

のどちゃん、こんにちは〜
ゆうのっぴはまったくキャンプがはじめてですが、テントを建てるの「おもしろーい」。

そしてマキ以外は始めてのテント内のマミーシュラフ。「おもしろーい」
とりあえず、だいたいができるともう休憩。さすが現代ギャル・・・(笑)

そしてのどか画伯の生徒に(笑)
意外に早く到着できたさきぼうさん。
しかしその挨拶は・・滝汗!

さきちゃん、りさちゃん、よろしくねー。
これでいずれ劣らぬ美女が大集合・・・大滝汗!!!
実にいい天気ですな!

これはある意味放射冷却が強いかな。

ひらたけさんはなんとリビシェルにシャンティをトンネル連結したら純正のごとくぴったり・・・・滝驚!!
さきぼうさんもリビシェルを持ってきてくれたので連結。

中、滝広っ!!
はい、お友達〜

テントにも入ってくれて逃げたりしません。
やっぱりあったかいところがいいね。。

けっして逃げたりしないからますます可愛い!
さて、ギャルがそろったところでもう一度クッキーに会いに行きましょう。

ん?おとなしい・・・


と思ったら・・・
クッキー、ギャルズに大興奮(笑)

しかしその中で全然平気なのがゆうのっぴ。そしてクッキーもこれ以来ゆうのっぴにラブラブ(笑)
オーナーが猫ちゃん大集合させてくれました

これで、ミーミー、ダイヤ、ロック、プリンが集合!
プリン、ふにゃ〜〜(笑)

ロック、だいぶ太ったなぁ〜(笑)
猫ちゃんたちと帰りましょう。

そう、発見!これ、これ!
Jump to>> [1] [2] [3] [4]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |