Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート 2009
キャンプレポートの一覧へ>>
■202回記念?(笑)、かげちゃんへのお礼はタマネギで?■
200回記念キャンプのフィナーレの時にちょっとした遊び心と感謝の印の一部ということでそのときのリーダー(かげちゃん)へ「ダッチオーブン料理ご馳走券」というのを差し上げました。その機会が間もなくの203回目で決行。場所は互いにかって知ったるというか、こういうときは千葉組としてはすんなりここ!となったのが「大原オートキャンプインそとぼう」です。かげちゃんとオーナーの三原さんとの付き合いは長いし、私もこの大原以前から三原さんにお世話になった経緯もあり、このキャンプ場がどうやって変化していくのが楽しみです。そして今回も成田ゆめ牧の時の”義兄弟”が一緒なので広くて遊べるところなればさらに大原はうってつけ。時間の都合がついたひらたけさんも「行く!」と言っていただけなのである意味200回のときのやり直しにもなるし、いい形でメンバーが揃いました。そして直前ですがこの二人の「釣り」の経験を思い出し、子供の初体験、海釣りの指導もお願いしちゃいました。
●2009/3/19
本来午前出発だったのがこの日大雨と強風に見舞われ、様子をみてからの集合と急遽変更。

激しい雨を降らして低気圧が急激に通り過ぎ、出発の時には青空も。
今回も義兄弟コンビ同行。

ちょうどこの時、WBC日韓戦なのでワンセグにて彼らは観戦。
後席での評論がうるさい(笑)
いつもは東金〜九十九里道路なんですが、千葉外房有料道路を験してみました。距離上はこちらのが短いのですが。。

ところがどっこい慣れないにもありましたが茂原経由で少々時間が食い予定していた時間よりも1時間オーバーで128号の海沿いに・・・
2時に簡単な買いものを。
ここまでくればキャンプ場へは5分。

えーっと、これかな?(爆)
必要だったのは旬の新タマネギなどなど。

これも必要か(爆)
さぁ128号線でこの歩道橋が出てきたら左折の合図。

1分くらいでエントランス。
早速管理人の三原さんがかげちゃんのところまで誘導してくれました。(Aサイト)

1時間以上前には着いていたらしく、すっかりほろ酔い気分。
改めてインの手続き。
するとそっちのけで始った三原さんの密かなるコレクションの話へ。

といっても決してキワモノではなく、キャンパーが喜ぶショップでも手に入らなくなったガス管を集めてくれていたり。この中にももう手に入らないものが2つあります。
私の好きなブルー缶ももう手に入らないCV-200がありました。

これは幻の「シンフォニー」!!!
三原さんには「ブルーカンクラブ」の名誉会長になっていただきましょう。黄色のツマミがいいんだよなー。
そして、なんと初代こんにゃくが作業場用に!!さすが!言っても構わないと思いますが三原さんは元カエデマークのお勤めもされていて業界から今度はキャンプ場経営へ転身。

現在はいろいろなメーカーのアドバイザーも勤められ、この話題の新製品も試しに使わせていただくことになりました。
かげちゃんがタフでいられるのも三原さんが元気なのも・・・

千葉にはMAXコーヒーがあるから(笑)
設営間にもうじっとしてられない義兄弟は芝とくればサッカー。

そして藪に放り込んでみんなで探索・・・お約束ですな(笑)
なんとBエリアには大原の常連りきさんが!
私の行動が意外な方法で読まれていました(笑)
さて設営。

今回は設営が簡単なテントだし、風などの影響がないので子供たちにやらせています。
今回は懐かしの「プラトー5」
かげちゃんの悪いクセ(笑)
「スライダーは・・・。お、こんなものが・・」

これは転写プリントだけどこんなデカイ幅は(60cm)今はそう使えないですよ。何を隠そうこのテントを売りまくっていたのはオーナーの三原さんその方です(笑)
ひらたけさん到着〜

かげちゃん「こんなにきれいに張れたテント、SAMさんではありえない。今度息子さんに任せたほうが・・・」失礼な(爆)
さすがに11年使っているだけにフライシートの縮みもありますが幸いスカートがあるのでうまいことカバーできてます(笑)
ささ、みんなで協力して・・

そして乾杯!
2日間ヨロシク。
大人組みは何もやる気無し(笑)
当然ですな。
しかもすぐに「寒い!」と文句垂れるのがジジイ(笑)
確かに房総だけ雲が多く、ややゆるい風があります。でも真冬のそれとは違い気持ちのいい程度。

でもジジイはシェルターに引っ込む(爆)
この間三原さんに場内のいろいろなお話を聞かせていただきました。私も楽しみにしていたニッキの木ですが残念ながら倒れてしまったとのこと。

その替わりに三原さんが3年かけて育てた木々も大きくなり、西洋芝も整ってきて、元々の自然と、見原さんが育てた自然が馴染み始めてきたようです。それをなされている情熱がヒシヒシ感じられます。
リピーターに一番人気が高いBサイト。
私たちも以前使わせていただき非常によかったです。
炊事棟前のガーデンテーブル、
こういうところに三原夫妻のセンスが出ています。

その隣りにリラックスチェア・・・これが激オチものの・・・
その先のC、Dサイト。さらに整備されましたね。

ここをゴルフ場に見立ててこどもたちはサッカーゴルフ。この上がりのホールのところのサイトをご指名する方がけっこういるそうですよ。
夏は一番この辺が賑わうのかな。
ユッタリしてますねー。

見原さんのご努力で海を遮っていた林を低くして開放感がずっとあがったようでうす。
いつの間にやら日の入りですな。
奥様がお客様へできたてポップコーンのサービス。

すっかり飲みに入っている人たちにはたまらんですな(笑)
いつまでたっても遊んでる義兄弟。全然止めるきなし。

ま、こちらも座ったままがぶ飲みで止めるきなし・・・DSI(笑)
Jump to>> [1] [2] [3] [4]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |