Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート2008
ホウリーウッズ久留里キャンプ村〜2008年 snap shots デイキャン編
●2008/04/29 page5
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5]
疲れたねー、少し遅くなったけどおやつの時間にしよう こちらもソーマさんが買ってきてくれたフルーツゼリー
いい時間帯です 今日はほぼ子供たちが占領した単焦点。期せずして単焦点の良さが判りました
まだまだ撮影会は終わらないよ! カメラの虜になったようです
私はそろそろ撤収開始。そしてソーマさんはコギャルとUNO・・・これが怖ろしいことに・・(笑) 最初は調子良かったが・・
しまいに自分たちだけが有利なルールを作り出し・・・ 身包み引っ剥がされる・・・・(爆)「オレ、負けた気が全然全然しないんだけどなぁ〜」(爆)
1/25 F5.6 ISO400
1/25 F5.6 ISO400
1/60 F5.6 +1 2/3 ISO200
終わることのないギャル賭博(爆) 占いでごまかすも・・
マッサージ逆襲で高料金ふっかけ(爆) すっかりプロカメラマンの面影なし(爆)
1/8 F10 ISO800 かなりスローにしてみましたが三脚なしでも手ブレなし。
師匠、大丈夫ですか・・・(笑)
このアングルなので初めてライブビューを使ってみました 1/50 F5.6 ISO640
これで本当に撤収! 帰るとなるとさっさと車に入るところが・・(^^;)
どうもお世話になりました! 私のカメラで撮る〜
グ〜 ありがとうございました!
本日撮った写真をFLASHでまとめてみました。こちらをクリックしてご覧になってみてください。(新しいウインドウが開きます)

このコンテンツを見るには  Flash player が必要です

いかがですか?
なんとなく何をやっていたのか判りました?(笑)
今日の目的は「撮影」。しかし手段は「キャンプ」。キャンプのための撮影か、撮影のためのキャンプかは、イチイチ考えなくてもいいでしょう。なんと言ってもそこにはみんな同じ空気が流れていて、共通の楽しみで過せたことでみんな満足できたのですから。ソーマさんの翌日のメールの一部を引用させていただきます。
「昨日は、ありがとうございました!素晴らしいロケーションの中で、とても心地よい時間を過ごす事ができました。大満足です!しかしながら、小1時間程は約2名の子悪魔たちに身柄を拘束され、カード賭博とジャンケン賭博の被害に遭い、所持品を一部ぼったくられましたが・・・笑笑笑。ここは大人らしく、かわいらしい二人の女の子たちと、楽しいUNOゲームと白熱したジャンケンゲームで、時間を忘れてしまう程、とても楽しく有意義に過ごしました・・・、と私なりに解釈しております(笑)。」
ミイラ取りがミイラになったみたいな感じですが、キャンプフィールドでは大人と子供のヒエラルキーが見事に崩れて、いい意味で仲間になってしまう、そんなキャンプの魔力に触れていただけたと思います。あの日の帰り際にもおっしゃられていましたが「外の空気、外で食べる飯、これははまります!キャンプ、始めちゃおうかな!キャンプ道具も奥が深そうだし・・」亀沼の住民はどうもキャンプ沼との相性がいいようです(笑)。
さて、撮影の成果ですが、技術の習得はもちろん、とにかく撮影をとことん楽しむ「カメラ小僧」魂にやられてしまいました。ほとんどアドバイスは一言二言でしたが、自分の気づかなかった、いやこれからも気づくことがもしかしたらないかもしれない本当のプロのファインダーののぞき方を勉強させていただけたと思います。
本当に友人っていいですね。もっともっと写真のことを教えてもらい、そして同時にキャンプの世界にも引きずりこんでしまえ〜〜(笑)
Let's enjoy Camping & Shooting!
■■ホウリーウッズの過去のレポート■■
<<2004年5月のレポート
<<2005年11月のレポート(餅つき大会・ソロキャンプ)
<<2006年11月のレポート(餅つき大会・親子キャンプ)
<<2006年12月 Campmans レポート
<<2007年12月 Campmans レポート
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |