Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート2008
フォレストパーティ峰山〜2008年仙人遭遇編
●2008/01/19 page2
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5]
実はお互い事前打ち合わせをしていたので、全くの初対面と言う感じはしません。なので会話もとてもスムーズ。

いい天気の中、ストーブ2台のクローズしたスクリーンの中で会話を続ける大人3人・・・すでにみんな峰山病にかかってしまったようです(笑)
べらべらしゃべっていたら止まらなくなり、気が付けば13時。ここでイージーランチ。zaakkさんは・・ん?どうするのかな?

なるほど、「ムーンライター焼き」ですね(笑)
私は遺憾ながら(笑)白粥。

それと、これはみなさま用に一品。以前家で仕込んだ合鴨のパストラミを冷凍しておいたので、それを解凍してカレーソテー。今回みたいな時に役立ってよかった・・。
Nobuさんのサイドメニュー「焼餅」
あの〜、3人なんですけど〜・・なんで「2つ」しか載っていないんでしょう〜(爆)

自分でもやったこと無かったのですが、目の前にカレーパウダーが有ったので、それをふりかけて、醤油とごま油で味付けしてみたら、なんと新しい味!
カレーうどん風の焼餅っていうかんじ。
さすが「お代わりクン」(笑)

そしてまたこの中でじっとしている・・・どうもこの「クイックスクリーン」は中にいる人を怠惰にさせる性質があるようですな(笑)
おや!?、来客。
でも素通り・・・

「このテントは他の二つに比べてまだ加齢臭がないな・・」(爆)
やはり若いものに擦り寄っていくようです(笑)。

だからジジイはむりくり強奪(笑)
そこに轟音とともに白いチェロキーが・・いっしーさん、ゴルフ場から到着です。

どうもどうもはじめまして(こればっかり・・笑)
たっぷり燃料を持ってきてくれました。
助かります!

zaakkさん「んーーん、やっぱり車輪は4つ回る方が・・・」(爆)
いやいや、峰山がすっかり男臭くなってきました(笑)。
リビング内はストーブブラザーズを中心に4人がトイメンになるようにセッティング・・・やっぱりこの中から出ようとしないのですね(笑)

やっぱ、撮影ですな。
暗くなればなるほどムーディーになるのがこのシリーズの良さ。普通のストーブじゃこうは行きません。

ここで「吉永小百合さん」(爆)からメール。
zaakkさん戦々恐々(爆)

なぜかこのメールを見たからかみな行動的になり、山頂へ!
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |