Sam-Home Sam-Camp キャンプレポート2007
キャンピングヒルズ鴨川・2007年秋編
●2007/11/25 page5
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5]
私よりも珍しく息子が早起きし、「海見に行ってごらん、すごいよ」というので行ってみると・・

おや?なんか普通・・。
「さっき朝日がすごかったよ。それより寒いから暖房つけて!」

はいはい、わかりました(笑)
しばらくしてもう一度棚田へ行ってみると、おおサンライズ!

あけましておめでとうございます!
(今年2回目のギャグ・・爆)
実はこの場所、カメラマンにとって最高の場所のようで、皆さんここから思い思いのショットを狙っておられました。
(キャンプ場にいた人ではありません)
気温は5度くらいでしょうか。そんなに冷えていないのでコーヒーも外で飲んでいても平気。

珍しくママも早起き。
しかしまたフードを・・・(笑)
寒いの嫌いの女性陣はスクリーン内でヌクヌク。なんかウチのママはキャンプで新聞というのが大好き。

こりゃ、今日もいい天気間違い無さそう。
さて朝食。
実はパン食と最後まで迷ったのですが、やっぱり暖かいモノがいいかな、とチャーシューメンにしました。

予定ではなかった「野菜炒め」も具に追加。
全部載せたら麺がすっかり隠れちゃいました(笑)

麺を無理矢理穿り出し・・

朝からラーメン?と思われる方もいらっしゃると思いますが、百数十回キャンプしているとだんだんフツーじゃなくなってくるもんで・・(^^;)
昨日はコットの奪い合いで小競り合いをしていましたが、今朝は和解したようです。最初からこうしてくれよ〜。
おや?どこからともなく白いワンちゃんが・・
(手前の方はお隣りさん)
寒椿、満開。
でも房総の先端の紅葉はまだまだずっと先。
設営も出来たんだから、撤収もこの二人でできるでしょう。
私はシュラフのパッキング。
約1名、何もせず(笑)

ところがそのあと、肝心の戦力二人もテントで疲れたらしく、全くやる気なし。
「パパ、あと任したから〜」
ま、しょうがないや。ここでわめくと次に来てくれなくなるからサービス、サービス(爆)
アウトピッタリ11時に完了。
いいキャンプでした!
最後はオーナーにご挨拶。
大変お世話様でした。

やっぱり6年前と同じ印象。
漢方薬って相当効くのかかなぁ。。
それでは本日のメインにイベント鴨川シーワールドへ。クルマで10分ちょっと。予想された混雑もなし。

では引き続き鴨川シーワールドのレポートをご覧ください。
やはり、やはり、いいキャンプ場です。以前の印象を裏切ることは全くありませんでした。それはもう伺う前からはじまっており、メールでの実直なご対応がもう安心感を高めてくれました。6年という間があったにもかかわらず、以前の訪問のことなどを気遣ってくれたり、温かく迎え入れてくれ非常にいいスタートから入れました。その後はアウトまで就かず離れず。これもまた同じ。このもてなしと距離感、実に快適です。HPでも書かれていましたが、ほとんど自前の宣伝をせず、口コミやリピーターさんに支えられているのがどうしてかは、行けばよく解ります。全体環境は千葉の海沿いの丘陵地を上手に生かし、ワイルドすぎず、さりとて人工的には感じさせないファインロケーションです。サイトも相応の手入れがされていますし、各施設も小ぶりながらメインテナンスもしっかりしています。そして一番のウリは「漢方露天風呂」。本業・副業のコラボ施設ですからついでに作られたものとは違い、下手な温泉よりずっと気持ちのいいお風呂です。そのときの混雑により使用時間も柔軟。また、このキャンプ場自体は自然に囲まれていますが、ちょっと5分ほど丘を降りれば鴨川の街のど真ん中。買い物、飲食等全く困りません。そう考えると房総の観光基地として長期滞在にかなり向いたキャンプ場ともいえます。ものすごく何かが突出したキャンプ場ではありませんが、全体的なバランスがとても取れている点では千葉でも白眉と言ってもいいでしょう。
今回は晩秋ながら小春日和に恵まれたし、キャンプ場で温かいもてなしの中ゆっくり出来、翌日もシーワールドでたっぷり楽しめたという、ファミリーキャンプの一番いいパターンを味わえたと思います。
一つだけ心残りなことが・・・このキャンピングヒルズのマスコット「カラヤン」に再会できなかったこと。また会いたいなぁ。
Jump to>> [1] [2] [3] [4] [5]
| Back to "Sam-Home Sam-Camp" |